コンピューターサービス技能評価試験

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)とは

国の定める法律、「職業能力開発促進法」で職業能力評価の専門機関として設立された

職業能力開発協会が行い、入門者からエキスパートまでを対象にした試験となります。

実務作業を想定した試験内容となり、仕事で活用できる能力、即戦力の人材を育成することができます。

「ワープロ部門」「表計算部門」「情報セキュリティ部門」の3部門があり、

「ワープロ部門」「表計算部門」は1級〜3級の等級、「情報セキュリティ部門」は単一等級となります。

これらの試験の合格者には「技士」の称号が与えられます。

受検資格

受検資格に特に制限はありませんので、どなたでも受験することができます。

重複して受験することができます。

データサポートでは、公共職業訓練・求職者支援訓練の受講者の皆様のうち、

ご希望の方に受検いただいております。

職業能力開発協会から認定を受けた施設で学んでいる方が受験できますが、

認定施設以外で学んでいる方や独学でパソコンを学んでいる方で、

試験を受験したい方は一般募集試験も行っています。